こむら返りの慢性化を防ごう

寝ている時のこむら返り

就寝中のこむら返りが痛い

 

寝ている時に、こむら返りが起こった事はありませんか?

 

寝ている時にこむら返りが起こってしまうと、とてもつらいものです。

 

どうしようもない痛みに襲われてしまい、しばらくは、痛みがおさまるまで、我慢していなければなりません。

 

考えられる原因

 

寝ている時にこむら返りが起きやすい原因には、何が考えられるのでしょうか?

 

考えられる原因としては、「脱水症状」や「無理な姿勢」が考えられます。

 

夜は、朝まで何も水分を摂取せずに、ずっと寝たままになってしまうため、もしも、就寝前の水分摂取が不足している場合には、就寝中に、脱水症状を起こしてしまい、
血行不良を引き起こしてしまい、神経が痙攣してしまう恐れもあるのです。

 

また、寝ている時に、無意識のうちに、身体の筋肉や神経を圧迫してしまうような無理な態勢をしてしまうと、こむら返りを起こしてしまいやすくなってしまいますので、寝相もこむら返りに関係しているという事を知っておきましょう。

 

また、普段の生活の中でも、無理な姿勢をする事が多かったり、筋肉や神経に負担のかかるような姿勢をしてしまうと、それだけこむら返りも起こしやすくなってしまうのです。

 

寝ている時にこむら返りが起きないようにする

 

寝ている時にこむら返りが起こってしまうと、とてもつらいものです。

 

寝ている時に、こむら返りに合わないようにするためにも、寝相に気を付けたり、寝る前に水分を摂取したり、こむら返りを起こしにくくしてくれる「マグネシウム」をたっぷりと含んでいる牛乳を飲むのもおすすめです。